2010/12/31

野良ルンバ

アパートの前の歩道を走り去る騒々しいモーターの吸引音で目が覚めた。3匹、いや4匹はいるだろうか? 目覚まし時計を見ると時間は朝の4時過ぎ。外はまだ暗く、夜明けにはまだ時間があるようだ。私はベッドから立ち上がり、音のする方の窓のカーテンを開けて外を確認する。数えると歩道上にやはり4匹の野良ルンバがいるようで、フル充電状態を表す緑の光を引きずるようにして、路上を右往左往しているのが見える。

掃除中に誤って部屋を飛び出してしまったロボット掃除機のルンバが野生化し、野良ルンバとなって都市部を徘徊することが社会問題化し始めたのは今からおよそ2年ほど前。初期のルンバは、自動充電とはいえ専用の充電器でなければ充電できなかったため、例え家から出てしまってもすぐにバッテリ−が尽きれて止まるだけだった。しかし、性能が格段に向上した現行型のルンバは、コンセントを自分で見つけて充電ができるように改良されており、ほんの数分の充電で、数十時間は走り回ることができるようになっている。また、ちょっとした段差どころか、階段程度は軽々と登るこができるため、コンビにやオフィス、ときには住宅にも入り込んでこっそりと充電を繰り返して、掃除し続けているのだ。

もちろん役所では野良ルンバの捕獲に力を入れているが、現行型は在宅中でも人の邪魔にならずに掃除ができるよう、センサーで人を探知し、一定以上に近づかないようにプログラムされており、移動スピードも人間よりも素早いため、捕まえるのは至難のワザとなっている。また現行型は、一家に数台のルンバ使用が一般的となったことから、ルンバ同士でバッテリーを共有できるように設計されているため、野良ルンバは4、5匹くらいの小さな群れを作り、人通りの少ない夜明け前に路上のゴミを求めて徘徊することが多い。

こんな話をすると、まるでSFのテーマによくあるような機械の人間に対する反乱のようだが、彼らはプログラムされれた通り、できるだけ人を避けながらできる限り長い時間、丁寧に広い範囲を掃除しようとしているだけであり、これといった危険があるわけではない。逆に野良ルンバが増えたことで実際に路上のゴミが減り、街がキレイになったのも事実だ。とはいえ、数台のモーターが引き起こす騒音被害はバカにできないし、夏場に窓などを開けっぱなしにしていると、いつの間に入ったのか野良ルンバが自宅のコンセントで充電していたりするのは、あまりいい気分とはいえない。

ちなみに東京都では、街にあふれる野良ルンバを掃除するための大型お掃除ロボットマンボを開発し、近々運用を始めるという話だが、心配性の私などは、このマンボが野生化するのではないか、と内心では危惧したりしているのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/07

ダディ

親孝行したい時分に……なんてことわざもありますし、最近はなるべく親孝行をしようと心がけています。心がけてはいますが、なんだかんだと週末は忙しかったりするので、バイクを飛ばせば30分ほどに住んでいるにもかかわらず、だいたい2カ月に1回くらいしか実家に顔を出しておらず、それも夕飯食って大河ドラマを見るだけだったりします。しかも実家に帰るとオカンが張り切って死ぬほど料理を作ったりするので、これは「親孝行」どころか、どちらかといえば「子接待」状態です。

でもまあ、ときたま友達と外で凄くうまいものを食ったりした後なんかに、それを両親にも食わしてあげたいなぁなんて思うことがあるわけです。ところがうちの両親は基本的に田舎の質素な人たちなもんで、外食とかあんまり好きじゃなくて、誘っても大抵断られます。なので、代わりに実家に帰って、そういうおいしかったメニューを作ってあげることがあります。つっても数年に1回くらいのことなので、えらそうなことはいえませんが……。

で、かれこれ数年前ですが、私の大好きなそばつゆで食べる鹿児島風豚しゃぶを作ってあげようと思って、鹿児島産の黒豚の薄切りとゆず胡椒を持って実家に帰り、実家の台所でちゃんとダシを取ってそばつゆ味のタレを作って、鹿児島風しゃぶしゃぶを振る舞ったことがありました。

で食べてみたら、ちょっと薄味だったせいか、食べてるうちにちょっと物足りない感じになってしまいました。それでもオカンは「そばつゆがさっぱりして合うねえ」かなんか言って喜んで食べてくれるわけですが、うちのオトンというのが、その辺とても自分に正直というか、空気読まないというか、クールです。始めのうちこそ私の作った特製のつゆで食べていましたが、しばらくするとおもむろに立ち上がって台所でガサゴソして戻ってきます。そして俺の作ったそばつゆの椀を横にどけると、持ってきたミツカンゆずポンで、しゃぶしゃぶの続きを食い始めるわけです。で、まったく悪気がないというか、私に向かって「そばつゆも悪くないけど、やっぱりポン酢の方がうまいなぁ。おまえもポン酢いるか?」とか言ったりしてきます。

で、別の年の話ですが、外でブリしゃぶを食ったことがありました。それがとてもおいしかったので、結構高級なブリの薄切りしゃぶしゃぶ用と、高知の手作り高級ポン酢みたいなのを買って実家に帰って、ブリしゃぶをつくってあげたことがありました。で、やっぱりオカンは「しゃぶしゃぶにすると、さっぱりしておいしいね」なんて言って喜んで食べるわけです。で、オトンはというと、最初の2切れほどブリをしゃぶしゃぶにして食ってましたが、やはり台所に行って醤油と練りわさびを手に戻ってきます。そんでせっかくのシャブシャブ用のブリを、その醤油とわさびで食べ始めるわけです。で満面の笑みで俺に尋ねます。「おまえもブリの刺身食べるか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

ハンバーグサンド

私は正しく昭和のガキでしたので、小学生の頃はカレーとハンバーグが大好きでした。ちなみに当時のハンバーグは、フライパンに残った肉汁にケチャップとソースを絡めたなんちゃってデミグラスソースで食べるものと決まっていて、高校1年のときにバイト先で初めてとろけるチーズとトマトソースをのせたイタリアンハンバーグというものを食べた時は、そのおいしさに「イタリア料理ってすごい」と感動したものでした。ただ、そんな食い物がイタリアにないと知るのはずいぶん後のことです。

さて、我が家では当時、夕食にハンバーグが出た翌朝は残りのハンバーグをサンドイッチにしてくれるのが定番になっていて、このハンバーグサンドが、下手をすると夕飯で食べるハンバーグより楽しみなくらい絶品なのでした。ただ、この翌朝のハンバーグサンドには、前の晩に出たハンバーグから自分の裁量で残したものが具として使われるという我が家独特の掟があり、前の晩にたくさん食べてしまうと、必然的に翌朝のサンドイッチの具がとても寂しくなるのでした。しかし食欲おう盛なハラペコガキだった当時の私は、「こんだけ明日のサンドイッチに残そう」などと当初計画を立てて、フォークで線を引いてみたりはするものの、「やっぱもう一口」「最後の一口」「今度こそ本当の最後の一口」などとそのラインを超えて食べてしまうのが常で、大抵は「それ以上食べたらあしたサンドイッチなくなるで」と母親にたしなめられて我に返った頃には、ハンバーグ風味のきゅうりサンドが成立する程度しか残っていないのでした。一方で4つ上の兄は、このへんの抑制のとてもよくきく人で、しっかりとおよそ1/4程度を残して上手に夕飯を食べ終わるのです。私などは、小学生も高学年になり、やや反抗期を迎える頃には母親の制止も聞かず、夕飯時に「明日は明日の風が吹く」などとのたまいつつ、ハンバーグを食べ尽くしてしまうなんてことも幾度かありました。当然、翌朝は兄がうまそうにハンバーグサンドを食べる横で、ただのジャムを塗った食パンを泣きながらたべるはめになるのでした。

ちなみにこれは、将来を見越して備えることを身をもって覚えさせようという、母親の教育的意図だったのかと大人になってから聞いてみたところ「あんたね、そりゃいくつもに分けて焼くのが面倒だからだよ」と言われました。

同じような我が家の掟としては、トンカツの次の日のカツ丼というのもあり、やはりカツ丼をうまそうに食べる兄を横目に、タマネギだけの卵丼を食べるというような体験を経て大人になったものの、兄と自分の現状を鑑みるに、人間の本質は小さい頃から変わらないもだなぁなどとつくづく反省しつつ、夕飯にハンバーグを作りながら、翌朝のサンドイッチの分のハンバーグを余分に焼いたりしました。

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちというものを