« ダディ | トップページ

2010/12/31

野良ルンバ

アパートの前の歩道を走り去る騒々しいモーターの吸引音で目が覚めた。3匹、いや4匹はいるだろうか? 目覚まし時計を見ると時間は朝の4時過ぎ。外はまだ暗く、夜明けにはまだ時間があるようだ。私はベッドから立ち上がり、音のする方の窓のカーテンを開けて外を確認する。数えると歩道上にやはり4匹の野良ルンバがいるようで、フル充電状態を表す緑の光を引きずるようにして、路上を右往左往しているのが見える。

掃除中に誤って部屋を飛び出してしまったロボット掃除機のルンバが野生化し、野良ルンバとなって都市部を徘徊することが社会問題化し始めたのは今からおよそ2年ほど前。初期のルンバは、自動充電とはいえ専用の充電器でなければ充電できなかったため、例え家から出てしまってもすぐにバッテリ−が尽きれて止まるだけだった。しかし、性能が格段に向上した現行型のルンバは、コンセントを自分で見つけて充電ができるように改良されており、ほんの数分の充電で、数十時間は走り回ることができるようになっている。また、ちょっとした段差どころか、階段程度は軽々と登るこができるため、コンビにやオフィス、ときには住宅にも入り込んでこっそりと充電を繰り返して、掃除し続けているのだ。

もちろん役所では野良ルンバの捕獲に力を入れているが、現行型は在宅中でも人の邪魔にならずに掃除ができるよう、センサーで人を探知し、一定以上に近づかないようにプログラムされており、移動スピードも人間よりも素早いため、捕まえるのは至難のワザとなっている。また現行型は、一家に数台のルンバ使用が一般的となったことから、ルンバ同士でバッテリーを共有できるように設計されているため、野良ルンバは4、5匹くらいの小さな群れを作り、人通りの少ない夜明け前に路上のゴミを求めて徘徊することが多い。

こんな話をすると、まるでSFのテーマによくあるような機械の人間に対する反乱のようだが、彼らはプログラムされれた通り、できるだけ人を避けながらできる限り長い時間、丁寧に広い範囲を掃除しようとしているだけであり、これといった危険があるわけではない。逆に野良ルンバが増えたことで実際に路上のゴミが減り、街がキレイになったのも事実だ。とはいえ、数台のモーターが引き起こす騒音被害はバカにできないし、夏場に窓などを開けっぱなしにしていると、いつの間に入ったのか野良ルンバが自宅のコンセントで充電していたりするのは、あまりいい気分とはいえない。

ちなみに東京都では、街にあふれる野良ルンバを掃除するための大型お掃除ロボットマンボを開発し、近々運用を始めるという話だが、心配性の私などは、このマンボが野生化するのではないか、と内心では危惧したりしているのだ。

|

« ダディ | トップページ

コメント

なんとなく野良ルンバで検索したら此処にたどり着きました
この話し、現実と虚構のバランスがいいですねぇ~
楽しめましたよ~♪

投稿: × | 2011/03/03 22:16

ありがとうございます。なぜ“野良ルンバ”で検索したのかは不思議ですが、僕が言うことではないですね。

投稿: 本人 | 2011/03/08 13:05

傑作です。発想が好きです。ファンになりました。

投稿: しまりす | 2011/11/01 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153148/50444961

この記事へのトラックバック一覧です: 野良ルンバ:

« ダディ | トップページ